近頃,コンビニやスーパーのレジなどの身近な場所で働く外国人を多く見かけます。
このような外国人は,永住者や結婚ビザといった就労制限のないビザを持っているか,もしくは,

「資格外活動許可」

という許可を得て働いている方々です。例えば,以下のような場合に許可を取得します。

  • 留学生アルバイトをしたい場合
  • 「家族滞在」ビザで扶養を受けて生活する外国人が、家計の助けにアルバイトをしたい場合
  • 就労ビザで正社員として働いている外国人が、副業をしたい場合

上記「留学」と「家族滞在」は就労は許可されていないビザです。
また,就労ビザは,保持しているビザの範囲内(職務内容,申告してある就労場所)のみでの就労が認められています。

ですが,資格外活動許可の申請をすることで,指定された範囲内でのアルバイトが許可されることがあります。

なお、資格外活動許可許を得ずにビザで許可されている活動以外の就労を行うと、不法就労となってしまい、当該外国人は強制送還の対象者となります。また,雇用主側も罰則の対象(不法就労助長罪により3年以下の懲役又は300万円以下の罰金)となりますので注意が必要です。

資格外活動許可を得ると,在留カードの裏面に資格外活動許可を受けている旨が記載されますので,雇用の際には確認が必要です。

資格外活動許可の就労範囲

① 原則として1週について28時間を超えて働くことはできません。この際,どの曜日から1週を起算した場合でも常に1週について28時間以内である必要があります。なお,「留学」の在留資格で在留する場合には,在籍する教育機関の長期休業期間中は1日8時間まで働くことができます。

② 風俗営業が営まれている営業所において行う活動等は認められません。

③ 「留学」の在留資格で在留する場合は,学校に在籍している期間に限られます。