ビザの変更について

日本での活動の目的が変わったときや,地位や身分に変更があった場合,変更後の目的や地位に見合ったビザに変更する必要があります。

在留資格変更の手続きを行わないまま、現に有する在留資格で認められた活動以外の活動を行った場合には、不法残留や不法就労に該当してしまい、退去強制の対象となってしまいます。

ビザの変更は在留資格認定と同様,新規のビザを取得するということなので,申請準備が困難なことが多く,通常,ビザの更新申請よりも難易度が高くなります。


ビザの変更の例

  • 留学ビザで在留していたが、日本での就職が決定した・・・ 留学ビザ ⇒ 就労ビザ
  • 大学卒業後も、継続して就職活動を行いたい・・・ 留学ビザ ⇒ 特定活動ビザ
  • 就労ビザで在留していたが、日本人と結婚した・・・ 就労ビザ ⇒ 結婚ビザ
  • 会社を退職し、独立起業したい・・・ 就労ビザ ⇒ 経営・管理ビザ
  • 日本人の配偶者と離婚したが、今後も日本で生活したい・・・ 結婚ビザ ⇒ 定住ビザ


申請時期

資格の変更の事由が生じたときから在留期間満了日以前

「ビザ」と「在留資格」

一般に「結婚ビザ」、「就労ビザ」などの言い方をしますが、これらは実際には”在留資格”であり、ビザと在留資格とは別の制度です。

ですが,当サイトでは,一般の方に馴染みやすいように在留資格を「ビザ」と表現しています。