入管の審査は大変厳しく,結果待ちの間は不安でいっぱいです。ビザ申請の結果の受取りについてあらかじめ知っておくことで,不許可になってしまった場合の対策が取りやすくなります。

就労ビザ申請結果の受取り時の心構え

就労ビザ申請手続きの種類によって,申請結果の受取り方も変わってきます。許可の場合は問題ありませんが,重要なのは不許可結果を受け取るときの対応の仕方です。

申請結果が不許可になっても,日本での在留の継続を希望する場合は,再度申請をすることで許可を取得するチャンスがあります。しかし,不許可になった申請と同様の申請をしてはもちろんまた不許可になります。

再申請で許可を得るためには,「入管から説明された不許可理由を払しょくすること」以外にありません。ですので,不許可になった時の対応として最も重要なのは,

入管の不許可理由の説明を,落ち着いてよく聞き理解すること

です。入管による不許可理由の説明は一度しか受けられないということも念頭に置く必要があります。しかし,不許可のショックで頭が真っ白になり,冷静にこのような対応をするのは難しいことでしょう。ですので,もしもの時に備え,ビザ申請結果の受取りのシステムや心構えを勉強しておくことは大切です。

ここでは,3パターンに分けられるビザ申請手続ごとに,結果の受取り方法を解説していきます。

在留資格認定証明書交付申請 の結果の受取り方 

 〇  許可の場合:在留資格認定証明書が郵送にて届きます。

 ×  不許可の場合不許可結果とその法的根拠が記載された通知が届きます。

在留資格認定証明書交付申請許可通知を受取った場合の注意事項

不許可通知には,具体的な不許可理由は記載されていないため,通知の受取り後,希望により不許可理由の詳しい説明受けることが可能です。不許可理由説明を希望する際は,入国管理局に申請人本人が赴き,面談にて説明を受けることになります。

尚,不許可理由説明は,申請をした入国管理局以外で受けなければならない場合があります。
例えば,東京入国管理局高崎出張所で申請をした場合は,通常,東京入国管理局で説明を受けます。

在留資格変更許可申請の結果の受取り方

入管から申請結果を告知する日時が記載された通知が届きますので,指定日時に申請人本人(または,ビザ申請代行を代行した行政書士等)が,ビザ申請をした入国管理局に結果を受け取りに行きます。

この通知には通常,申請結果は記載されておらず,入管の来庁指定日のみが書かれています。不許可告知が予定されている場合は,本人の来庁日時の指定が限定的(例:2018年12月27日午前10:00)な場合が多くあります。

 〇 許可の場合 申請した在留資格が記載された在留カードが窓口にて即日発行されます。

 × 不許可の場合不許可告知の場合は,必ず本人の出頭が必要になります。入管の面接室にて不許可結果の告知と不許可理由の具体的な説明があります。

【 在留資格変更許可申請で不許可の場合の注意事項 】

◆ 不許可時に在留期限が残っている場合:不許可に関する入管手続きは特にありません。

 不許可時に在留期限が残っていない,または,極端に短い場合:入管職員から以下の二つの選択を迫られますので,どちらを選択するか事前に決めておくことは重要です。

選択肢1 帰国することを約束し,出国準備のためのビザをもらう手続きをします。在留状況に応じ,15日または30日程度の「特定活動」という名称の在留資格を取得します。この手続きを選択した場合,出国までの期間に再申請をすることが可能である場合が多くあります。

選択肢2 帰国できない理由があり,帰国しない意思があればそれを入管に伝えます。その場合,すぐに退去強制手続きが始まります。この手続きを選択した場合,不許可結果に関する取消訴訟を提起することが可能です。今後再申請をしても許可の見込みがなく,取消訴訟を提起したい場合にこの手続きを選択することもあります。

在留期間更新許可申請の結果の受取り方

入管から申請結果を告知する日時が記載された通知が届きますので,指定日時に申請人本人(または,ビザ申請代行を代行した行政書士等)が,ビザ申請をした入国管理局に結果を受け取りに行きます。

この通知には通常,申請結果は記載されておらず,入管の来庁指定日のみが書かれています。

なお,不許可告知が予定されている場合は,本人の来庁日時の指定が限定的(例:2018年12月27日午前10:00)な場合が多くあります。

 〇 許可の場合 :申請した在留資格が記載された在留カードが窓口にて即日発行されます。

 × 不許可の場合不許可告知の場合は,必ず本人の出頭が必要になります。入管の面接室にて不許可結果の告知と不許可理由の説明があります。

【 在留期間更新許可申請で不許可の場合の注意事項 】

◆ 不許可時に在留期限が残っている場合:不許可に関する入管手続きは特にありません。

 不許可時に在留期限が残っていない,または,極端に短い場合:入管職員から以下の二つの選択を迫られますので,どちらを選択するか事前に決めておくことは重要です。

選択肢1 帰国することを約束し,出国準備のためのビザをもらう手続きをします。在留状況に応じ,15日または30日程度の「特定活動」という名称の在留資格を取得します。この手続きを選択した場合,出国までの期間に再申請をすることが可能である場合が多くあります。

選択肢2 帰国できない理由があり,帰国しない意思があればそれを入管に伝えます。その場合,すぐに退去強制手続きが始まります。この手続きを選択した場合,不許可結果に関する取消訴訟を提起することが可能です。今後再申請をしても許可の見込みがなく,取消訴訟を提起したい場合にこの手続きを選択することもあります。

まとめ:就労ビザ申請結果受取り時のチェック事項

申請結果の受取り方を心得ておくと,不許可になった場合に,再申請や今後の予定についての対策を講ずる際に有利になります。

✅ 不許可結果の告知の際には,不許可理由の説明をよく聞き理解することが,その後の再申請をスムーズに成功させる秘訣です。

✅ 不許可結果の告知の場で反論をしても結果は何も変わりません。審査は書面での申請手続きに対してのみ行われますので,不許可理由の正当化はその後の再申請の中で行います。

✅ 不許可時の手続きは,その後,再申請をする場合と取消訴訟をする場合とで異なります。事前に選択しておくことが大切です。

結果が不許可になってしまった場合,再申請はできますが,再申請で許可を得ることは大変困難になります。そのため,このページで解説したように不許可結果の受け取りをきちんとした後は,再申請を行政書士などビザに強い専門家に依頼することが効率的です。