在留資格認定証明書

海外にいる外国人が日本のビザを新規に取得するためには、「短期滞在」や「永住者」のビザを除き、「在留資格認定証明書」という書類を入国管理局で取得するのが一般的です。どのような在留資格で証明書を得るのかによって、必要書類書類や手続きが変わってきます。


在留資格証明書を取得する例:

  • 海外に住む外国人が日本で雇用されることが決まった場合→就労ビザの取得(雇用契約を交わした時点で申請)
  • 国際結婚で配偶者の居住資格を得る場合→結婚ビザの取得(夫婦の双方の国籍国で婚姻が成立した時点で申請)
  • 海外に残してきた連れ子と日本で生活したい場合→定住ビザの取得

在留資格認定証明書の申請にあたって

在留資格認定証明書の交付を受けるにはたくさんの書類が必要です。不備があると審査に時間がかかったり、一度で交付されないことも多くあります。
申請における標準審査期間は3か月程と長くかかります。そのため,不許可になり再申請をすることになった場合には,再申請の準備期間も含め大変長い時間をロスすることになります。ですので,一度で許可が通るよう不備のない申請をすることが重要です。以下は申請方法の例です:

  • 結婚ビザ・・・では偽装結婚の問題も多いため、真実の結婚であるという信ぴょう性のある書類をつくることも大変重要になります。
  • 就労ビザ・・・就労ビザと一口に言っても,職種によってたくさんの種類のビザに分かれています。どのビザに当てはまるかをきちんと見極めて、適切な申請を行う必要があります。また,業務内容や申請人の経歴が,ビザの要件に当てはまっていることを申請前に確認することが重要です。

手続きの流れ

①入国管理局で在留資格認定証明書の交付を得る。 ※注1)

②申請人のいる国へ在留資格認定証明書を送付する。

③在留資格認定証明書等の必要書類を現地の大使館に提出する。 ※注2)

④現地の大使館でビザを申請・取得 ※注3)する。

⑤在留資格認定証明書とビザを持参し,日本の空港で入国審査※注4)を受け入国する。

※注1)在留資格認定証明書の有効期限は発行から3ヶ月です。その間にビザの発給を受け、日本の空港で上陸申請をしなければなりません。
※注2)国によっては書類の準備に時間がかかることがあるので,前もって準備を始める必要がある場合もあります。
※注3)入国管理局で在留資格認定証明書の交付を得られたとしても,現地の大使館の審査によりビザを取得できないこともあります。
※注4)個人的な事情等で日本の空港で入国審査が通らず入国ができないこともあります。

「ビザ」と「在留資格」の表現について:
一般には「結婚ビザ」「就労ビザ」などという言い方をしますが、正確にはビザではなく「在留資格」と言います。上記在留資格認定の手続きを正確な表現で表記するならば,①在留資格認定証明書を日本の入管で取得⇒②本国の日本大使館で「ビザ」を取得⇒③来日時に空港で入国審査が通った場合に「在留資格」を取得,という流れになります。しかし,「ビザ」と「在留資格」の違いについての正確な理解には複雑な説明を要するため,当サイトでは,一般の方に馴染みやすいように在留資格を「ビザ」と表現しています。