就労ビザの種類

一口に就労ビザといっても,就労内容に応じて多くの在留資格に分類されています。そのため,自分の職業がどの在留資格に当てはまるかによって申請の仕方が変わってきます。

就労ビザの種類】

「技術・人文知識・国際業務」「技能」「経営・管理」「企業内転勤」「技能実習」「教育」「高度専門職」「介護」「法律・会計業務」「興行」「教授」「芸術」「宗教」「報道」「医療」「研究」 オレンジ色のものは,特に多く取得されている在留資格です。

※ 多くの場合,「配偶者ビザ」「就労ビザ」などという言い方をしますが、これらは実際には「在留資格」であり、ビザと在留資格とは別の制度です。ですが,当サイトでは,一般の方に馴染みやすいように在留資格を「ビザ」と表現する場合があります。

【対応する職業の例】

  • 「技術・人文知識・国際業務」:システムエンジニア,機械設計技師,バイオテクノロジー技術者,語学教師,海外取引業務,通訳,デザイナー等
  • 「技能」:外国料理の調理師、スポーツ指導者、パイロット,貴金属などの加工職人等
  • 「経営・管理」:企業などの経営者,管理者
  • 「企業内転勤」:外国の事業所からの転勤者
  • 「教育」:中学校・高等学校等の語学教師(ALT)等
  • 「法律・会計業務」:弁護士,公認会計士等
  • 「興行」:俳優,歌手,ダンサー,プロスポーツ選手等
  • 「教授」:大学教授等
  • 「芸術」:作曲家,画家,著述家等
  • 「宗教」:外国の宗教団体から派遣される宣教師等
  • 「報道」:外国の報道機関の記者,カメラマン
  • 「医療」:医師,歯科医師,看護師
  • 「研究」:政府関係機関や私企業等の研究者

就労制限の無いビザ

就労ビザを持っていなくても,就労が可能な場合もあります。永住ビザや結婚ビザや,アルバイトの許可を別途取得できる留学ビザなどです。

【その他の就労可能なビザ】

✅「永住者」「日本人の配偶者等(結婚ビザ)」「永住者の配偶者等」「定住者」:就労制限なし
「特定活動」: 個々に就労の可否が異なりますので,別途,法務大臣が個々に指定した活動等が記載された「指定書」によって就労の可否を確認してください。
✅「留学」「家族滞在」:『資格外活動許可』を取得している場合は,同許可の範囲内で就労可能。