永住ビザの取得について

永住権を得ると日本での生活がさらに安定したものになります。就労ビザ、結婚ビザ、定住者ビザ等から永住ビザへの変更を検討してみてはいかがでしょうか。

◎永住権のメリット

  • ビザ更新の必要がない
  • 就労における活動制限がない
  • ご家族が永住許可申請される場合、基準(要件)が緩和される。
  • 社会的信用が増し,住宅ローンを組むなど金融機関から融資を受けやすい
  • 退去強制の対象となるような行為を行った場合でも、在留を特別に許可される可能性がある。

△永住権を持っていても変わらない点

  • 在留カードの携帯,更新が必要
  • 入国管理局への届出義務(身分事項の変更、離婚、転職等について)が必要 等

永住権取得の在留基準

  • 「日本人」「永住者」「特別永住者」の配偶者の場合
    →実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引き続き1年以上日本に在留していること。その実子等の場合は1年以上日本に継続して在留していること。
  • 「定住者」の場合
    →5年以上継続して日本に在留していること。
  • 「就労」の在留資格の場合
    →10年以上日本に継続的に在留し,5年以上就労ビザを持って職についている場合。
  • その他
    →外交、社会、経済、文化等の分野において日本への貢献があると認められる者で、5年以上日本に在留していること。

永住権と帰化の比較

類似したメリットを得るために帰化をするという選択肢もあります。帰化とは外国人が日本人になることですので,永住権よりも日本での生活がさらに安定することになります。ですが,日本では一つしか国籍を持つことが認められていないため、帰化をすると今までの国籍を手放すことになります。そのため、永住権の方を選んだほうがメリットがある場合もあります。
また,帰化の在留期間の要件は,日本に継続して在留する期間を5年としておりますが,永住ビザの申請に比べ,帰化の申請には大変多くの書類を提出し,日本語の試験もあるなど,大変厳しく審査をされるため,永住権取得と帰化の許可の難易度に関しては,どちらが難しいとは一概には言えません。