※ 初回相談料 5000円(税別)/1時間 
ご相談の際には以下をご用意ください:
・定款,または登記簿謄本(コピー可)
・会社案内等,事業内容が分かる資料
・申請人の在留カード及びパスポート(来日している場合のみ。コピー可)
・その他,必要に応じご案内いたします。

お問い合せ

外国人雇用 FAQ

Q. 外国人を工場作業員として雇用したいが就労ビザは取ることは可能か。
A. 業務内容が単純労働の場合は就労ビザの対象になりません。就労ビザの対象となるのは,専門知識を必要とする業務,または通訳等の”外国人ならではの思考や感受性を生かした業務”が対象になります。

Q. 来日中の申請人は現在遠方に住んでいるが,申請は可能か。
A. 申請人が日本にいる場合,申請人が住民票に登録されている住所地を管轄する入国管理局のみで申請ができます。当事務所は全国的に申請が可能ですが,高崎の入国管理局以外での申請は交通日と日当が追加料金となります。群馬県,栃木県,埼玉県,新潟県,長野県は高崎の入国管理局の管轄です。

Q. ビザ取得まではどのくらいの時間がかかるか。
A. 入管が公表している標準審査期間は,以下のとおりです。これに申請書類の準備期間を加味することになります(追加料金にて特急申請も可能です)。
・ ビザの変更 ⇒ 約1か月 / ビザの新規取得(在留資格認定)⇒ 約3か月

Q. 当社で働いている技能実習生の在留期限が切れた後,正規雇用をしたいので就労ビザを取りたいが可能か。
A. 技能実習生の来日目的は本国への技術移転であり,それを前提に現在の在留資格を取得しています。ですので,日本での結婚等の一部の例外を除き,帰国しなければなりません。帰国後も,ある程度の期間は就労ビザの許可を得ることは困難となります。