結婚ビザとは

日本人と外国人が国際結婚し、日本において外国人配偶者と一緒に生活をしたい場合は、外国人配偶者は「日本人の配偶者等」という「在留資格」を取得しなければなりません。

この「日本人の配偶者等」の在留資格は,一般的に”結婚ビザ”などと呼ばれています。

ビザの期限は6月,1年,3年,5年があり,初回のビザは1年,その後の在留状況により,何度かの更新の後,3年ビザや5年ビザを取得するのが通常です。

国際結婚から結婚ビザ取得までの手続き

1.日本の役所に対しての婚姻の届出

  • 日本人の方の住所地又は本籍地の役所に対して行います。

2.外国籍のお相手の国での婚姻の届出

  • 注)国によって、1と2の順番を逆にしなければならなかったり、どちらでも良い場合等あります。

3.入国管理局への申請手続

  • 外国人配偶者が外国に住んでいる場合・・・本国の日本大使館でビザを取得する為に必要になる「在留資格認定証明書」の交付申請を入国管理局にて行います。
  • 外国人配偶者が日本に住んでいる場合・・・何らかのビザをお持ちのはずなので、「日本人の配偶者等」という在留資格(結婚ビザ)への変更申請を行います。


在留資格認定証明書の交付を受けるにはたくさんの書類が必要で,不備があると審査に時間がかかったり、交付されないこともあります。また,偽装結婚の問題が多いため、真実の結婚であるという信ぴょう性のある書類を任意で収集,作成して提出することがポイントとなります。

当事務所では豊富な経験と専門知識を生かし、一日も早くお二人が日本で暮らせるようお手伝い致します。

また,不法入国やオーバーステイの状態であっても、国際結婚をしてビザを取得し,日本に暮らせるようになる手続きもありますので、そのような場合もご相談下さい。