コロナウイルスの感染拡大の影響で,技能実習生の来日/帰国の見通しが立たないなどの問題が生じています。これに対し,政府は次のような対応策を講じています。

①来日できない技能実習生への対応 ➡在留資格認定証明書(入管が交付した入国のための許可証)の有効期間を3か月から6カ月に延長

②帰国できない技能実習生への対応 ➡帰国できる環境が整うまでの一時的な滞在のための「短期滞在」ビザの交付。この際,滞在費支弁等のための就労を希望する場合には,就労のための「特定活動 (30 日)」ビザの取得(在留資格変更)が許可される場合があります。

■詳細は,次のQ&A(外国人技能実習機構)に掲載されています:

技能実習に関するコロナウイルス対策

技能実習に関するコロナウイルス対策