オンライン相談実施中 無料相談 >>

入管に電話がつながらないときの対処法

入管の電話は常時混み合っており,なかなか繋がらずに困り果ててしまう方は多いようです。そんな時におすすめの対処法をお伝えします。

目次

おすすめの対処法4つ

① 他の地域の入管に電話する

本来であれば、ビザ申請をする予定の入管に問い合わせるのが一番安心です。なぜなら、出張所や審査官によって審査のやり方や見解が異なることがあるからです。

しかし,急いで質問をしたい場合には,他の地域の入管に問い合わせてみてもよいでしょう。東京入管に電話がつながらない場合でも他県の出張所にはつながる場合があるなど、それぞれの入管ごとに電話のつながりやすさが違います。

全国の入管の連絡先はこちらの入管ホーム―ページでご覧いただけます。

②「外国人在留総合インフォメーションセンター」に問い合わせる

申請書類の記入方法などの一般的な質問であれば,外国人在留総合インフォメーションセンター(電話:0570-013904)に問い合わせるとよいでしょう。入管(本局や出張所)の電話よりもつながりやすい傾向にあります。

ただし、外国人在留総合インフォメーションセンターは、申請書の書き方や必要書類に関する一般的な質問のみ可能ですので,ビザの審査にかかわることや個別の事情に踏み込んだ相談などは,入管に掛ける必要があります。

それぞれの特徴は次のとおりです:

入管(本局や出張所)
外国人在留総合インフォメーションセンター
  • 電話または窓口での相談
  • ビザの審査をする入管職員に直接質問することができるため、自身の状況に応じた回答が得られる
  • 電話,窓口,メールのいずれかで相談
  • 多言語対応が可能で,外国人が対応してくれることが多い

③ 入管の窓口に出向く

窓口に直接出向くのは多大な時間と労力を要しますが,書類などを持参して細かな事情を説明しながら対面で相談すれば,電話よりも確実で,より多くの情報を得られるでしょう。急がば回れ、ということで入管に出向く時間が取れる方には最もおすすめの方法です。

④ 行政書士に相談する

行政書士への相談は、時間と労力の大幅な節約になります。

行政書士によって知識や経験の量はさまざまですので、ビザ申請を専門とする行政書士の中から、信頼できる行政書士を選ぶとよいでしょう。ビザ申請の依頼を検討している方に対し、無料で相談を行っている行政書士も多くいます。

当事務所では、ビザの相談や、ビザの申請代行を専門に行っています。

遠方でご来所が難しいという方も,メールやZoomなどでスムーズに対応させて頂きます。

初回相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。
 ☞ 当事務所の出版・セミナー実績・メディア実績こちら>>

この記事を書いた人

入管ビザ手続専門YIS矢澤行政書士事務所代表
出入国在留管理庁申請取次行政書士

立教大学文学部英米文学科卒業後,企業にて国際業務に従事。2009年にYIS矢澤行政書士事務所を設立。世界各国から来日する外国人のビザをサポートしている。出版・セミナー等による情報発信や外国人雇用のサポートにも全力投球。

著書に「外国人雇用はじめの一歩(日本法令)」,「外国人介護スタッフの採用ガイド」(中央法規出版)がある。

TOPへ
目次
閉じる