オンライン無料相談実施中 無料相談 >>

結婚ビザ申請サービス

結婚ビザの取得は一筋縄ではいきません。結婚ビザの取得を目的とする偽装結婚の問題が多いため、大変厳しく審査されるためです。

ここでは、結婚ビザを取得する際に困難な点や,それに対して当事務所ができることをお伝えしていきます。

目次

結婚ビザとは

外国人が日本人と結婚し、日本で夫婦一緒に生活をしたい場合は「日本人の配偶者等」という在留資格を取得しなればなりません。この在留資格は一般に”結婚ビザ”とも呼ばれています。

「日本人の配偶者等」のほかにも結婚することで取得できるビザ(在留資格)があります。

【結婚で取得できる在留資格】

「家族滞在」…就労ビザを持つ外国人の配偶者や子供(被扶養者)が取得

「永住者の配偶者等」…永住者の配偶者や子供が取得

「定住者」…定住者の配偶者や子供が取得

昨今では外国人雇用が普及するにつれて就労ビザを持つ人が増えており、その人の家族が「家族滞在」ビザを取得するケースが増えています。

結婚ビザの難易度

「日本人の配偶者」ビザを申請する前には、夫婦双方の国での結婚手続が完了していなければなりません。日本において戸籍謄本に外国人配偶者の名前が記載され,海外において婚姻証明書が発行されることで婚姻手続きが完了したとみなされます。

しかしながら,これだけでは結婚ビザを取得することはできません。

日本では結婚ビザの取得を目的とした偽装結婚の問題が多いため、結婚が真実であることを証明する資料の提出(夫婦の写真や交流の記録など)が必要になるのです。さらに、結婚までの交際期間が短かったり,経済力が不足していたりしていても許可が下りません。

結婚ビザの申請では,これらの要件を満たしていることをアピールできるよう申請書類を工夫することが必要です。入管手続きに精通していない一般の方にとっては難易度の高い手続きといえるでしょう。

当事務所ができること

ご夫婦が一日も早く日本で暮らせるよう,当事務所では以下の点に全力で取り組んでいます。

最短でのビザ取得

初回相談にて許可の可能性を正確に判断します。問題点や不許可のリスクがある場合は,問題点を改善してから申請できるよう、法令に基づいた最善の戦略を提案します。現状における最短での結婚ビザの取得が可能になります。

高許可率の書類作成

ビザ申請では,個人の細かな事情に合わせた書類の準備が必要です。お客様とじっくり向き合い、ご事情を十分に共有させて頂くことで、お客様の許可の可能性を最大限に引き出した書類を作成いたします。

結婚ビザ手続きのステップ

以下は,「日本人の配偶者」ビザを取得する手順です。

当事務所を含め,行政書士による完全代行が可能な手続きはSTEP2の「日本人の配偶者」ビザの申請です。その他の手続については,コンサルティングという形でサポートが可能です。

STEP
両国での婚姻手続きを完了

ビザ申請に先立ち、ご夫婦双方の国での婚姻手続きが完了している必要があります。婚姻後のビザ申請では、外国人配偶者との婚姻の事実が書かれた日本の戸籍謄本と、外国人配偶者の国で発行された婚姻証明書の提出が必要になります。

STEP
「日本人の配偶者」ビザの申請 

国内・海外いずれにお住まいの外国人も国内の入管でビザ申請をします。外国人配偶者が海外在住の場合は,国内にいる日本人配偶者が代理人になって申請します。国内在住か海外在住かによって以下のように手続きが異なります。

国内在住の方はSTEP2までの手続です。海外在住の方はSTEP3に進みます。


海外在住
国内在住
  • 新規にビザを取得する手続き(在留資格認定証明書交付申請をします。外国人配偶者は海外にいますので,日本人配偶者が代理人になり居住地を管轄する入管で申請します。
  • 審査結果までには3カ月程度かかります。
  • 国内に住んでいる外国人の方はすでに何らかの在留資格を持っていますので、その在留資格を「日本人の配偶者等」に変更する手続き在留資格変更許可申請をします。
  • 審査結果までには1か月程度かかります。
STEP
海外での査証申請

海外居住者の場合は、STEP2の在留資格認定証明書交付申請で許可が下りた後にも手続きがあります。再度の申請で手間がかかりますが,比較的簡易で許可が下りやすい手続きです。

STEP2で許可を得ると「在留資格認定証明書」が交付されますので,この原本を海外の外国人配偶者に郵送します。それを受取った配偶者は現地の日本大使館等で在留資格認定証明書を提示して査証申請をします。許可が下りたら来日可能です。

査証申請から審査結果までには3日~10日程度かかります。

STEP
「日本人の配偶者」ビザの取得

来日時にも到着時の空港で入国審査があります。空港のブースにいる入管職員から入国目的などの質問を受け,許可が下りると「日本人の配偶者」ビザが付与されます。

ご料金

当事務所の料金体系

当事務所のビザ申請サービスの目的は言うまでもなく,お客様からご依頼を受けたビザを確実に取る事です。しかしながら,ビザの審査では入管の裁量が結果を左右するため,許可を100%保証することはどの専門家にもできないのが実情です。

このような事情を踏まえ,当事務所では以下のような方針で料金設定をしております。

的確な事前診断
リスク説明の徹底

許可の可能性を正確に判断し,許可の見込みがある場合に限り受任します。お客様のご事情により不許可のリスクがわずかでもある場合には,詳細を十分に説明し,ご理解頂いたうえで受任することを徹底しています。
無料再申請

万一不許可となった場合には,無料再申請を保証します。万一の不許可時には,不許可の原因について入管から詳しい説明を受け,再申請ではその原因を払しょくするための手続を行います。

※不許可の原因が虚偽の申告,虚偽の書類の提出,ご契約後に生じた事情によるものである場合には無料再申請の対象外となります。

料金表

ご契約後にご事情の変更がある場合を除き,契約時のお見積以上のご料金はかかりません。ご事情のご変更によりご契約後に料金が発生する場合は,事前にお見積りをご確認頂いたうえで請求させて頂きます。

なお,ビザ申請の料金は申請の種類(海外からの呼び寄せ/ビザ変更/ビザ更新)によって異なります。各手続きの概要はこちらをご覧ください。

「日本人の配偶者」ビザ

ご依頼内容ご料金
海外からの呼び寄せ
(在留資格認定証明書交付申請)
130,000円+税
ビザの変更
(在留資格変更許可申請)
130,000円+税
ビザの更新
(在留期間更新許可申請)
初回50,000円+税
リピーター:40,000円+税
※転職後の更新はビザの変更と同料金になります。
オプション・自己申請/他社申請による不許可後のリカバリー(再申請):+35,000円+税
・退去強制歴がある場合:+150,000円+税
・自主出国歴(オーバーステイ等)がある場合:+50,000円+税
・短期滞在からの変更申請:+30,000円+税
・来日中に在留資格認定証明書が交付された場合の変更申請:+30,000円+税
・ご夫婦ともに海外在住の場合:+55,000円+税
・国内の必要書類の収集代行(公文書のみ可):1通4,000円+税
・特急料金(14営業日以内の申請確約):+30,000円~+税
・群馬県以外の入管で申請を希望する場合:距離に応じた出張手数料
料金に含まれるサービス
  • ビザの取得に向けてのコンサルティング(無制限)
  • お客様のご事情に合わせた必要書類のリストアップ
  • ビザ申請書類一式作成
  • 申請理由書作成
  • 提出書類のチェック
  • 英語証明書翻訳(文字数の多い証明書,履歴書,説明文は除きます。英語以外の言語の翻訳は有料となります)
  • 入管への申請代行
  • 審査中の入管からの追加提出書類の指示への対応
  • 審査状況の進捗確認
  • 結果通知の受領とお客様への報告
  • 許可取得後の新規入国手続に関する助言(海外からの呼寄せの場合)※海外での査証発給手続き等,在留資格認定証明書の取得後に必要な入国手続はサービスに含まれません。
  • 通常発生する細かな送料,交通費等はご料金に含まれます。印紙代・翻訳/通訳料金・交通費等の実費が別途発生する場合は事前にご了解頂いたうえで実費を請求させて頂きます。
  • お客様の特別な事情により難易度が高くなる場合や業務量が増える場合は,追加料金とさせて頂く場合があります。

国際結婚手続サポート(オプション)

結婚ビザ申請の前にご夫婦双方の国で結婚手続きが完了している必要があります。国際結婚手続きのサポートが必要な際にご利用ください。

国際結婚手続きコンサルティング+25,000円+税
婚姻要件具備証明書の外務省認証手続き代行+20,000円+税

「家族滞在」ビザ ※就労ビザで滞在する方のご家族のビザ

ご家族複数名での同時申請をご依頼の場合は人数割引が可能です。

ご依頼内容ご料金
海外からの呼び寄せ
(在留資格認定証明書交付申請)
85,000円+税
ビザの変更
(在留資格変更許可申請)
85,000円+税
ビザの更新
(在留期間更新許可申請)
初回:50,000円+税
リピーター:40,000円+税
※転職後の更新はビザの変更と同料金となります
オプション・特急料金(14営業日以内の申請確約):+30,000円~+税
・自己または他社申請による不許可後のリカバリー(再申請):+35,000円+税
・出国準備期間中のビザ変更申請:+10,000+税
・国内の必要書類の収集代行(市区町村、法務局、税務署が可):1通3,000円+税
・群馬県以外の入管での申請:距離に応じた出張手数料+税
  • 通常発生する細かな送料,交通費等はご料金に含まれます。印紙代・翻訳/通訳料金・交通費等の実費が別途発生する場合は,事前にご確認頂いたうえでご請求させて頂きます。
  • お客様の特別な事情により難易度が高くなる場合や業務量が増加する場合は,追加料金とさせて頂く場合があります。
料金に含まれるサービス
  • ビザの取得に向けてのコンサルティング(無制限)
  • お客様のご事情に合わせた必要書類のリストアップ
  • ビザ申請書類一式作成
  • 申請理由書作成
  • 提出書類のチェック
  • 英語証明書翻訳(文字数の多い証明書,履歴書,説明文は除きます。英語以外の言語の翻訳は有料となります)
  • 入管への申請代行
  • 審査中の入管からの追加提出書類の指示への対応
  • 審査状況の進捗確認
  • 結果通知の受領とお客様への報告
  • 許可取得後の新規入国手続に関する助言(海外からの呼寄せの場合)※海外での査証発給手続き等,在留資格認定証明書の取得後に必要な入国手続はサービスに含まれません。

無料相談

電話でのお問い合わせ

営業時間:土日祝を除く10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

 24時間受付

TOPへ
目次
閉じる