オンライン相談実施中無料相談 >>

介護ビザ– category –

就労ビザ申請介護ビザ

介護のための就労ビザには、介護ビザ、特定技能ビザ、特定活動(EPA)ビザ、技能実習ビザの4種類ありますが、介護ビザは、これらの中で最も専門性が高く、唯一永続的な就労が可能なビザです。

介護ビザとは

介護ビザは、日本の介護福祉士の資格をもつ外国人のための就労ビザです。

介護福祉士の資格取得がビザの要件になっているため、ビザを取得する難易度は高いですが、永続的な就労が認められており、また手続的にも負担が軽い就労ビザです。

介護ビザでできる仕事

介護ビザでは、病院や介護士悦などでの介護業務全般、または介護の指導に携わることができます。また、訪問介護やケアプランの作成をすることも可能です。

訪問介護については、技能実習ビザと特定技能ビザでは認められていません。業務範囲の面においても、介護ビザを取得するメリットがあるといえるでしょう。

介護ビザを取得する要件

介護ビザを取得するには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 介護の仕事に従事すること
  • 日本の介護福祉士国家試験に合格し介護福祉士の登録をすること
  • 外国人と会社と間で雇用契約等があること(派遣契約や請負契約も可)
  • 日本人と同等以上の報酬を得ること

介護福祉士試験の免除

介護福祉士試験の合格は、日本語のハンディキャップがある外国人にとっては非常にハードルが高いものです。

しかし、養成施設を令和8年度末までに卒業する人については、卒業後5年の間は、国家試験を受験しなくても、または、合格しなくても、介護福祉士になることが認められています。

また、この間に国家試験に合格するか、卒業後5年間続けて介護等の業務に従事することで、5年経過後も介護福祉士の登録を継続することができます。

実際に、このような形で介護福祉士になり介護ビザを取得する外国人は多くいます。

令和9年度以降に養成施設を卒業する人については、国家試験に合格しなければ介護福祉士になることはできません。ただ、試験免除の期間は過去にも延長されてきたことから、今後も延長される可能性はあると思われます。

介護ビザで就職するときの流れ

  • 来日
  • 日本語学校で日本語習得(任意)
  • 介護福祉士養成施設に入学
  • 介護福祉士の試験合格(試験免除あり)
  • 介護事業所との雇用契約
  • 介護ビザを取得
  • 介護福祉士として就労開始

当事務所では、介護ビザの申請代行を行っています。
お気軽にお問い合わせください。